沖縄県民が思う反米右翼 「花瑛塾」

38歳、女性右翼活動家がアメリカと断固闘い続ける理由

当サイト管理人は、沖縄県民です。

あの悲惨な沖縄戦を祖母祖父から聞いているので、戦争は嫌いです。アメリカ嫌いです。

平和教育を受けきました。小さい頃、小論文の授業で「米軍基地」に関するテーマで

どうするべきかみたいな内容書いた記憶がある。

嫌いな「アメリカ」を追い出すためには、日本が独自の戦力を持ってアメリカに頼らないようにしよう

みたいな内容だった気がする。なぜか先生に怒られました。期待した内容じゃなかったかな?

私は、右派だがアメリカ嫌い。沖縄文化にはアメリカ文化が大きく関わっている。

「幸福の科学」のようなアメリカ国旗を掲げ、ポチのような右派は嫌い

そいえば、ガチガチの反米だった私が「愛国」に目覚めたのは最近

きっかけは何だったかな?

「現実」はどうかわからない。しかし、沖縄県民として沖縄のど真ん中に「外国の軍隊」が

偉そうに居座っている現状に違和感を感じるのは、当たり前

そういう意味では、反米右派には共感する。

反米右翼「花瑛塾」が、反日左翼と仲が良いのが許せない。「花瑛塾」を推す人々を見ると

胡散臭く感じる。一番大事な「日の丸」を軽く見る人々と共闘

「敵の敵は味方」という認識?

酒入っているので、内容が薄くてごめんなさい。ふと記事を書きたくなった