三嶋連合会とは?右翼?

機関紙の購読を要求したとして、静岡県警三島署などは13日、いずれも政治結社「三嶋連合会」構成員で、三島市藤代町、
無職岩本庸嗣容疑者(29)を県迷惑防止条例違反(押売行為等の禁止)の疑いで逮捕、同市徳倉、土木作業員大木拓容疑者 (29)を同容疑で再逮捕した。

発表によると、2人はほかの構成員と共謀し、5月26日夜、三島市内の飲食店で、三嶋連合会の刺しゅうが入った黒い
「戦闘服」を着て、「機関紙を購読してくれ」などと要求した疑いが持たれている。
同署員ら約20人が13日朝、三嶋連合会の事務所(三島市藤代町)を捜索し、「戦闘服」や街宣車など
を押収した。
県警では三嶋連合會が活動費を獲得しようと、こうした行為を常習的に行っていた可能性があるとして、
共犯者の存在も視野にいれながら団体の活動について捜査を進めるとしています。
県警によりますと三嶋連合會は今年2月に結成され、構成員は約10人。結成直後から三島市を初めとした県東部地域で活発な街宣活動を繰り広げており、騒音や交通妨害の通報が相次いでいたということです
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140814-OYT1T50070.html

政治団体の男 強要未遂で逮捕
三島市にある政治団体の構成員の男が知り合いの男性に「連絡をよこさないと街宣車をまわすぞ」などと
書いた手紙を送ったとして、強要未遂の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは三島市の政治団体、「政治結社三嶋連合會」の構成員、上山政寿容疑者(41)です

 

【熊本地震】静岡の不良達が行った災害ボランティア活動