任侠団体山口組 織田絆誠代表が父親から学んだコト

任侠団体山口組代表が父から学んだきわめて実践的な教え

戦前、織田の祖父である金燕西が朝鮮半島の南に浮かぶ済州島から合格した法科大で受講しようと大阪に来住した。彼は弁護士を志望したが、事業面に進んだ。後に「大阪府協和会」の副会長になり、大阪・淀川区で軍需工場を営むなど「親日派」として名をなした。

「協和会」は日本の朝鮮支配の時代、内務省や警察を中心とした統制機関で、1936年、厚生省は全国各府県に協和会をつくり、1939年、中央協和会を創立した。

1945年(昭和20年)空襲で淀川の工場は灰燼に帰し、祖父は全財産を失った。その子供は通名を「織田新一」といい、敗戦後のどさくさ時にヤクザになった。子である織田が語る。

ヤクザに、在日が多い理由

本当に、在日は強制連行されて来たのか?

ヤクザが、政治結社社会運動団体を標榜、構成員に在日が多い理由

日本で生まれ育ったならこの国に愛着を持つのは、当たり前の感情ではないのか?

在日に本当に、「任侠」「愛国心」が有るならそれを否定する事はできない。

彼らは「差別」されているのか?

在日3世の任侠団体山口組代表 従軍慰安婦や在日への見解

 

 

 

右翼化する任侠団体山口組 社会運動標榜

織田絆誠が在日3世として日本を語る 任侠団体山口組

なぜ右翼が、暴力団排除条例に反対するのだろうか?任侠右翼